ご存知のとおり日本時間の11月9日、アメリカ大統領選挙で予想に反して
ドナルド・トランプ氏が当選しました。

FXをやっているせいでアメリカの情勢には敏感なんですが、
ヒラリーさんの当選で円安、番狂わせのトランプさん当選で暴落、という予想の元
少量の注文を事前に設定しておきましたが、微妙に予想とずれて約定ならず、でした。

トランプさん優勢、のニュースで円高に振れ、
当選確実で円安に振れたので、数ヶ月前の塩漬けポジションが少し解消した程度でした。

ところでトランプさんですが、昔たまたま彼の対談本を読んだことがあるんですが、
まともで非凡なビジネスマンだと思うので、
政治情勢的には私はあまり不安は感じません。



それにしてもFXはホント、上がるときも下がるときも、
完全に原因と結果が納得できるときがありません



40歳近くなった今でも感じるんですが、
世の中って私が思っていたよりも
ずっと、ずっとずっといい加減で曖昧にできているんだな、と。

為替取引をしてる人なんて、
さぞ知識があって冷静沈着で、合理的で論理的で、
なんとなくとにかく、【ちゃんとした、すごい人】がやっているもんだと思っていました。


自分が参戦するときも、
すみっこのほうでチマチマとやらせていただきまーす。
邪魔しませーん。

と思っていました。

ところが実際やってみて、そうでもないんじゃないかと感じました。






為替は、誰かがアメリカドルなり、日本円なり、を
それぞれの通貨で買うことで、
それぞれの通貨の価値が上がったり下がったりして、
その影響でまた他の通貨の価値が上がったり下がったりします。

大金を使って、売り買いをしている人が、たくさんいます。

そんな大金を使う専門家なら、
さぞ論理的な根拠と予想に基づいて売り買いをしてる、と思ったら
実際はもっと複雑で、かつ、とても曖昧なものでした。

為替の上下に大きく影響しているのは、

市場の雰囲気


です。


雰囲気??(゚∇゚ ;)エッ!?




アメリカの景気がよくなりそう

とか

日本は良い感じ

とか

そういう雰囲気。
7642730824_b7742a5b50_z
photo by Attila Szpisják



うーん・・・

私が思うに、世の中は私と同じくらい、
いい加減にできている。

違う??





来年1月には、ドナルド・トランプ氏が正式にアメリカ大統領に就任します。

それまでは、彼の経済政策に期待して、
アメリカドルが買われる⇒つまり、円安方向で推移しそう、だとのこと。

就任後は、実際のトランプさんの政策に影響されるんだそうです。


私の塩漬けポジション、解消されるといいな。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
↑クリックしていただけると嬉しいっす。