しつこいですが、
私の給料は、社内の周りの人に比べて、若干低めです。
(p_q*)シクシク

8318007055_fa1c3dc930_z※参照記事:本能だから仕方ない~世界にひとつだけのは~な~♪






いまだに会社で、自分より給料の高い若者を
恨めしい目で見てしまったりしますwww


私、約2年の産休・育休を含めてですが、社歴は長いんです。

でも当然ですが、給料と社歴は正比例はしません。

そんなこと頭では分かっているけど
それでも気になってしまうのが人の業というものよのぅ・・・



-Ad-



社歴長いことによるメリットは、
うちの会社の場合、あんまりありません。

社内で顔が広いかどうかは、
社歴よりもむしろ仕事内容だし、

社内のシステムも、覚えるのに何年もかかるものでもないし。

むしろ外資系って、
ひとつの会社に長くいるより、
転職を重ねて年収を上げていく仕組みなので、

ひとつの会社に長くいて良いことって、
あんまりないです。





しかし!

ひとつだけ確実に良いことがありました。

特に、ワーキングマザーにとって。


年収ギャップショックから立ち直るために
無理してメリットを探している感もありますが、

ま、いいとして・・・





社歴が長いことのメリット



それは、


有給休暇がたくさん余っていること。

それにより、心に余裕が生まれること。


子供が急に体調を崩しても、
回りの人に迷惑をかけることはあっても、
残りの有給日数を気にすることはない、ということです。



いま、私なんて、今年あと5ヶ月を残して、

残有給休暇:33.5日


ですぜ。



そして全部は消化しきれないと思います。

でもそれでも、

勤続年数が長いと、

20日とか、キャリーオーバーされます。



そして来年1月にはまた、手持ちの有給休暇が40日とか、
になるわけです。



うちの会社は、有給休暇の買い取りをしてくれないので、
とにかく休むに限るんですが、

やっぱりさすがに毎週、週末入れて週休3日とかにはしにくいので、

やっぱり余る、っていう。


そして消えちゃうんですが、
ま、そこは、心の余裕はプライスレス、ってことで。。


にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
↑ランキング参戦中!
読んでいただき、ありがとうございます。