ふたり目が出来たとき、

『ふたりになると大変だけど、一緒の遊んでくれるから楽になる面もあるよ』


とよく言われました。

実際、次男が1歳半になり、
ふたりで遊ぶ場面が増えてきました。


DSC_5133

まだ会話らしい会話はありませんが、
そのうち次男の言葉が増えてくれば会話もするんでしょう。

大人には分からないツボで、ふたりで爆笑していることも
たまにあります。


しかしですねぇ・・・

どこも一緒だと思いますが、
ふたりで遊んでくれるのと同じくらい、

常に兄弟喧嘩してます。



兄弟ってそういうもんなんでしょうね。

隣で弟がオモチャで遊んでると、
それまで興味なくても横取りしたくなるし、

意地悪なチョッカイを出したくなるし、

オヤツは独り占めしたくなるもんです。


私も姉がいるので、子供のころを思い出すと、
些細なことでギャーギャー言ってる子供たちの気持ちはよくわかります。


でもね、

やっぱり親としては、

チョー、めんどいんですけどwww



「いい加減にしなさい!!!」


と怒鳴っていた母の気持ちがよーくわかるもんで、

私も同じように毎日怒鳴り散らしています。


-PR-



そして時間がある時、いまは年齢的に主に長男に、

欲しいものを平和に手に入れる成功体験

積ませるようにしています。


単純なことです。

欲しいものを次男が持っているとき、

他のものと交換してくれないか、と交渉させる

次男、交渉に応じる

平和に欲しいオモチャが手に入る



もうすぐ4歳の長男と、1歳半の次男では
力の差が大きいので、

長男が次男の持っているオモチャを取り上げる

ということが大半なんですが、

逆に次男がスキを見てオモチャをとって走って逃げる、
ということも多々あります。


取られて泣いている長男に

「いつもあなたがオモチャを取るから、
○○ちゃん(弟)もとるんだよ。」


と冷静に言ってみます。



・・・とは言っても、

何したって、兄弟喧嘩は、するんでしょうけどね。

だから、基本的には放っておいてるんですけどね。



自分が子供のころを思い出しても、
なんか兄弟って、不思議な存在でした。


いつも近くにいるライバルで、
友達とは違って遠慮がなくて、
どこかいつも憎らしくて、
でもいないとどこか心細くて、

一緒に大きくなって、
お互いに影響しあって、




兄弟とはいえふたりの人間、最終的には相性ですが、

縁あって、いちばん近くに生まれたふたりなので、
末永く助け合って、生きていってくれたら、
2回出産したかいがあるってもんです。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
↑ランキング参戦中!
読んでいただき、ありがとうございます。