ちょっとした工夫、ちょっとした手間で、
お金って思っていたよりも簡単に、早く貯まる。



旦那と結婚して6年目で、つくづく、実感しています。

何度も言いますが、結婚したとき私の貯金は【ほぼゼロ】でした。

結婚した当初から、長男が生まれるころまでは、
旦那のお金に対する姿勢には、正直懐疑的でした。

しかし徐々に自分でも勉強していくと、
旦那が言っていたことがひとつひとつ、腹落ちしました。

そして気づくとあっという間に、
私の貯金は500万ほどになりました。
(その間、旦那は倍速で貯めてるwww)


自分が学んだことを日常的に回りの人に話していると、
知り合い、同僚などからお金の相談を受けるようになりました。

雑談レベルから、具体的に提案をするレベルまで。

そのうち今回、【具体的に提案】をしたものをご紹介します。

仮名での紹介、ということでご本人にも了承いただきました。

小川家(仮名)financial & life style transformation plan
photo by Helena Silva

ちゃんとPowerpointで資料を作りました。
こういう細かい作業、嫌いじゃないです。

本人にメールで細かい質問をたくさん送って、
資料に落とし込みました。

==================
  • 小川家は、共働きの夫婦+保育園に通う息子さんがひとりの3人家族。
  • 夫婦はふたりとも、それなりの収入(世帯年収1,100万/仮)があるのに、なぜか貯金ができない。
  • つまり、毎月お金が余らない。かといって借金したりはしない。
  • セールで洋服などを買ったり、お買いものが好き。
==================

定説ではあるんですが、やっぱりこういう場合、
まず最初に着手すべきは


固定費。


主な固定費というと、

家賃(ローン)、駐車場代、光熱費、通信費、保険料

です。


しかし、特に最近は、まず最初に着手すべきは

通信費

だと思います。

なぜなら、生活スタイルを変えずに、
手間をかけるだけで
節約できるから。


家賃は住む場所を変えることになるし、
駐車場代も車を手放すことになるし、
光熱費はそもそもそこまで削れないし、
保険料を削るのは価値観の問題もある。

その点通信費は、同じサービスを安い値段で受けられる方法が
ありますからね。


そして聞いてみると小川家は、
自宅にネット回線を通さず、
旦那も妻も、わりと無頓着にスマホを使っていました。
(妻の両親のためのiPadの通信料も支払っています。)

そのため、通信費がエライことに。

where to start_communication tools_R


ちなみに、我が家の場合は、コチラ↓

case of my family


比べると、コチラ↓

ogawa vs my family


たかが通信費、されど通信費。

バカにならないとは、このこと、かと。

2年で40万超、10年で200万超の差です。

200万て、けっこう大きなもの、買えます。

なので、シンプルに、面倒だけど格安SIMにしたら?
というプランを提案しました。↓

transformation plan



-PR-



そして、この案を採用すると、こうなる↓

now vs future


なかなかの金額です。

・・・と長くなってきたので、今日はここまでにします。

詳しくは、また後日にします。



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
↑ランキング参戦中!
『ふむふむ』クリック、よろしくお願いします。